ブリーダーから購入する

猫を購入する時は、その購入先をどこにするのか考えます。今はマンチカンを専門に繁殖させているブリーダーがいます。このようなブリーダーから購入することで、専門的な知識が豊富にあります。

そして特徴や交配についての知識も深くもっていますので、健康的に関しても良い猫を紹介してくれますし、購入する時にもわからないことがあれば具体的に教えてもらえます。ただし人気がある猫ですので、残念なことに中にはまったく専門的な知識もなく交配して販売するだけといった悪質なブリーダーもいます。

猫といっても新しい家族を迎えるのと同じです。ペット選びはさまざまなことに対して慎重に行った方が良いです。素人ではなかなか優良なブリーダーを見極めることが難しいところもあります。そこで一般的な見分け方として、要望があれば見学に応じてくれる、何を聞いてもしっかりとした知識をもって返答してくれる、動物取扱業者登録番号を持っているというこの3点を満たしているかチェックしてみましょう。

このようなチェックをしてみて、曖昧な返答や見学会を開いてくれないなどのブリーダーは、避けた方が良いです。そして販売後にはフォローもしっかりしてくれるブリーダーだと、より安心できます。

 

ペットショップから購入する

マンチカンなど人気の猫などを、ペットショップで購入するメリットは、お店の営業時間内でしたらいつでも見ることができることや、インターネットとは違い実際簡単に猫に触れることができること、そして猫自体だけではなく、飼うために必要になる保険の加入から、実際の飼育に必要なものが揃うことです。

日ごろ時間が思うように取れない人にとっては大きなメリットです。しかし、マンチカンについてペットショップでは流通過程が明らかにしていない場合もありますので、何らかの病気にかかっている可能性もあります。購入後に気になるしぐさがあるなどの症状が見られたら、動物病院に行き受診しましょう。ペットショップで店員に今の健康状態などの確認、過去の病気歴などを質問してみましょう。

また、マンチカンを里親制度で譲り受けることもできます。成猫を里親制度で譲り受ける時は、無償の場合がほとんどです。しかし子猫の場合は有償であることが多いですが、純血種の猫を無償で手にできるのは、メリットです。ただし、マンチカンの里親募集はかなり少ないです。大半は成猫が多いのでマンチカンを子猫から育てたいと考える人は、ブリーダーやペットショップから購入しましょう。

マンチカンの購入を考える

マンチカンは猫の世界ではダックスフンドと言われています。胴長短足の猫として有名です。足が短いので歩き方にも特徴があって、とても人気のある猫種です。マンチカンをペットショップで購入する場合には、5万円から40万円ほどの金額になります。

かなりの差が開いていますが、これは生まれたからどれくらいの日数が経っているのか?また、その猫の血統がどうなっているのか?といった点によって変動します。子猫になればなるほど、金額は上がり、血統書がつくと、金額は上がります。逆に成猫で、特に由緒正しい血統もない場合には、価格が安い傾向にあります。他にも、足の長さによって相場が変わる場合があります。短足であればあるほど人気は高く、その金額も跳ね上がります。

マンチカンを含めてですが、どの猫を購入するのか選ぶ時は必ず一度抱っこしてから決めることです。その理由に子猫の場合は小さくても体つきがしっかりしているか、活発に動また、目や耳や鼻、肛門が汚れていないかなどいろいろ身体をチェックしておかないと、いざ購入してから体が弱い、などの症状があらわれてくることがあります。これは見た目での判断になりますが、肛門が汚れていると寄生虫やウイルスに侵されている場合があります。ウイルス性の病気は、便を触ると人にも感染するリスクがあるため要注意です。購入時には納得のいく説明を受け、入手するようにしましょう。

このサイトでは、人懐っこく、ペットとしても飼いやすい種類であるマンチカンについて解説していきます。これから猫を飼いたいと思っている方は、ぜひとも参考にしてみてください。